ペット画の制作実例

油彩、コンテ、水彩それぞれに雰囲気があります。

油彩ペット画の制作実例

キャンバスに油絵の具とさまざまな溶き油を使って描きます。
永久保存(色褪せない)や温もりなどの質感を考慮しますと油彩画をおすすめします。

POINT
一番お気にいりの写真が、存在感ある絵画の仕上がりに。

油彩肖像画制作実例
油彩ペット画制作実例


コンテペット画の制作実例

カーボンという炭素粉末で描くモノトーンの肖像画です。
丹念に粉を刷り込むように描くことから高い堅牢性が得られるのが特徴です。
モノートーンで制作した肖像画の雰囲気は様々な情景が思い浮かびます。

POINT
カラーからモノトーンにまたモノトーンからカラーにすることにも自由自在です。

コンテペット肖像画制作実例


水彩ペット画の制作実例

水彩紙に透明水彩絵の具、不透明水彩絵の具を使って描きます。
淡く優しみのある軽快な色彩が特色です。

POINT
逆光のお写真も色褪せた小さいサイズのお写真も、色鮮やかに再現できます。

水彩ペット画制作実例
水彩ペット画制作実例
水彩ペット画制作実例